お金・体に負担かけない胸に谷間を作る バストアップ方法 ...................................................................................................... 芸能人整形疑惑図鑑? ← ここから入れます

美容整形、整形外科、美容外科、クリニック、病院を東京都で探す 美容整形、整形外科、美容外科、クリニック、病院を東日本で探す 美容整形、整形外科、美容外科、クリニック、病院を西日本で探す 

美容整形の用語を探す     美容整形の知識について 

美容外科 あ


美容整形 用語
IPLアスコルビン酸アーテコールアトプスアザ(あざ
アフターケアアポクリン線アポノイローシスアダルトアクネ
アレキサンドライトレーザーアナトミカル型アンチエイジング

 

IPL(あいぴーえる)
レーザーと異なり、広範囲の波長の光を照射し、肌のくすみや薄い
シミ、張りを改善する治療器。光そのものはレーザーより弱く、
その分、効果も限定的だが、皮膚に大きなダメージを与えない
メリットがある。フォトフェイシャルが代表的。
 

アスコルビン酸
水溶性のビタミンCのこと。抗酸化作用が主。アンチエイジング
(しみ・しわ)として塗り薬や化粧品に配合されている。
ニキビには非常に有効。皮脂の酸化を抑え、炎症を抑える。
最近では脂分でうまく囲まれた構造を持つ脂溶性のものも販売され、
刺激作用がなく皮膚への親和性も高いと言われている。
 

アーテコール
コラーゲンに非吸収性の樹脂様の成分を配合し、吸収されないよう
に工夫した製品。永久的で持続性の高いのが利点。その分、
うまく注入されないと半永久的なトラブルを起こすことがある。
 

アプトス
返しのついた糸を皮下に挿入し、それに対してコラーゲンなどの
皮下組織、皮下脂肪などが増えることから、老化によるたるみを
矯正する方法。現在では、金の糸とともに溶解する糸をいっしょに
挿入してさらに効果を高めるのが主流。
 

あざ
医学用語では「母斑」とよばれ、メラニン色素異常などにより
できた部分。先天性と後天性とがあり、メラニン色素性のあざと
ヘモグロビンの血管性のあざとに分けられる。茶色や黒、
青いものは、メラニン色素によるもので、赤あざは毛細血管などが
異常増殖しておきる血管性のものである。皮膚移植やレーザー治療
によって改善することができる。
 

アフターケア
手術後に行われるさまざまなケアのこと。その内容は幅広く、
医師によっても異なる。手術後の消毒や抜糸、検診などが主な内容。
患者が抱いている不安や心配への対応といった心のケアも含まれる。
豊胸術などの場合は、手術後のマッサージを含む。
 

アポクリン腺
ワキの下や乳輪、陰部などの特定部位に分布している大汗腺。
ここから分泌される物質には脂肪、鉄分、アンモニアなどが含まれ
ており、この物質が皮膚表面の細菌によって分解されると、
臭いを発生し、ワキガの原因臭となる。ワキガや多汗症の治療では、
アポクリン腺を切除する。
 

アポノイローシス
二重まぶたを基本的に構成している細い筋組織。ここに細い特殊な
糸を使って埋没させることにより、自然な組織構造に近づけて
二重まぶたをつくる。
 

アレキサンドライトレーザー
レーザー機器の一種。レーザー脱毛にもっとも適していると
いわれている。アレキサンドライトという宝石を用いて可視光と
赤外線の中間程度の赤色光線を出す。皮膚表面の真皮のメラニンの
みを反応する性質がありシミやソバカスの治療にも使用されている。
 
 

アダルトアクネ
大人になってからできるニキビのこと。ニキビの多くは、
毛穴につまった皮脂に、アクネ菌という細菌が増殖し、
脂肪酸をつくりだす。この脂肪酸が炎症の原因となる。
大人になってからニキビができる要因としては、ストレスや
ホルモンバランスの乱れなどがあげられる。
 

アナトミカル型【あなとみかるがた】 胸を大きくする豊胸術等に
使用する人工乳腺(バック)の形状の一つです。
横から見ると"しずく"のような形をしていて下方にボリュームが
出ます。


アンチエイジング
日本語で表現すると、「抗老化」あるいは、「抗加齢化」となる。
加齢による心身の衰えに対抗して、いつまでも若さを保っていこう
という意味である。美容整形におけるアンチエイジングは、
加齢による身体の衰え(しみ、しわ、たるみなど)を治療
(手術)によって改善させることをいう。
 

整形病院 い


美容整形 用語(い)
インフォームドコンセントイオン導入インプラント法

インフォームドコンセント
医師による十分な説明と、それに対する患者の理解、同意の上で
治療を行うというもの。例えば、手術を受ける前に、どのように
切開し、どのような麻酔薬を使用するのかといったことや、
術前、術後のケアの内容などを医師から十分に説明してもらい、
納得した上で手術を受けることをいう。
 

イオン導入
微弱な電流をイオン化して、肌に流すこと。普段のスキンケアでは
吸収されにくく、肌に有効なビタミンC などの成分を、皮膚の深い
部分にまで浸透させ、シミやシワを改善させることができる。
また、保湿作用を高めるために、コラーゲンやヒアルロン酸の
浸透にも使用される。
 

インプラント法
病気やケガによって失われた組織や器官を生体以外の物質で
人工的に補うことをインプラント法という。歯科では失った歯を
取り戻し、美容外科では乳ガンなどで失った乳房再建が
これにあたる。短いアゴを補強してフェイスラインを整えることも
インプラント法のひとつ。
 

脂肪吸引 え


美容整形 用語(え)
永久脱毛エクリン腺エラスチンエンダモロジー
AHA(エーエイチエー) 、FDA(エフディーエー)、


永久脱毛
毛根・毛乳頭を何らかの方法で処理してしまうこと。毛乳頭は
毛の発生や成長の源となる部分であり、血管や神経が集まっている
ところである。すなわち、毛乳頭を破壊することで再び毛が
生えることを防ぐことが可能になる。永久脱毛の方法としては、
特殊な針を差し込み電流を流すものと、医療用脱毛レーザーを
使用したレーザー脱毛とがある。
 

エクリン腺
全身の皮下に分布する小さな汗腺のこと。透明な水分を主成分と
する汗を分泌。汗のなかの固形成分は約1パーセントで、塩分、
尿素、アンモニアなどを含む。エクリン腺には、体温を調節する
機能があり、生命維持に欠かせない。無菌状態では臭いはないが、
細菌に分解されると臭う。ワキガや多汗症の治療には、
アポクリン腺とともに破砕する。
 

エラスチン
コラーゲンと同様に皮膚の結合組織に存在する繊維状のたんぱく質。
真皮にあってコラーゲンを束ね、バネのように支えて皮膚の弾力と
ハリを保つ働きをしている。したがってエラスチンが不足すると
コラーゲンがバラバラになり、たるみやシミが目立つようになる。
 
 

エンダモロジー
脂肪の塊(セルライト)でかたくなっている筋肉や皮膚を
マッサージすることで分解する器具のことライト)を分解していく
器具。筋肉や皮膚に刺激をあたえることで、血液やリンパ液の循環
をよくして、新陳代謝を高めることができる。
 

AHA(エーエイチエー)
アルファヒドロキシン酸のこと。ケミカルピーリングなどで
用いられる酸の一種。果実類から抽出されることが多いため、
フルーツ酸とも呼ばれる。美白効果があり、肌表面の古い
皮膚細胞を取り除いて、新陳代謝を高める働きをする。
 

FDA(エフディーエー)
アメリカ食品医薬品局のこと。日本の厚生労働省に相当する機関で
医薬品の認可を行っている。その審査は厳しく、FDAの認可は
世界的な認可を意味するといわれるが、FDAで認可されていても、
厚生労働省では認可されていない食品、医薬品も多い。
 

オートコラーゲン お


美容整形 用語(お)
大田母斑、オートコラーゲン

大田母斑
思春期から悪化する眼瞼周囲の青いアザ。また成人してから
下まぶたの外側に左右対称に点状に生じる遅発性両側性太田母斑と
いうものもある。皮膚の真皮層の深い部分に、メラニン色素
沈着しているために青く見える。眼の周囲や頬、額などにみられる。
治療としては、皮膚の表面を削ったり、メラニン細胞を破壊する
方法がとられている。現在ではレーザー治療が有効とされている。
 
 

オートコラーゲン
自製のコラーゲンのこと。コラーゲンは、牛の組織を使って
製品化されたものが主流だったが、アレルギー反応などの
リスクがある。そこで、自分の脂肪を吸引し、コラーゲンを抽出し
て使用する方法をとれば、アレルギー反応などのリスクを
さけることができる。

 

陥没乳頭 か


美容整形 用語 (か)
陥没乳頭活性酸素カニューレ汗腺顔面神経

陥没乳頭
乳頭が突き出さずに、常に凹んでしまっている状態をさす。
授乳機能に影響を与えたり、陥没している部分に老廃物がたまり、
炎症をおこす場合もあるので、治療が必要とされる。
乳頭を刺激したときに、出てくる場合は特に問題はない。
 

活性酸素
体内に送られた酸素の一部が化学変化により、活性酸素となる。
この活性酸素は適量ならば、細菌やウイルスの撃退作用があり、
体によい働きをするが、紫外線やストレスなど、何らかの原因で
大量発生すると、体内の正常な細胞を傷つけてしまう。すなわち
活性酸素による体内の酸化が原因でシミ・シワなどの老化現象や
様々な病気を引きおこしてしまうのである。
 

カニューレ
一般的には気道切開時に気管支とつなぐ器具のことをいうが、
美容外科では脂肪吸引のときに使用する細い管のことを指す。
直径1.5 〜3ミリ程度で、吸引する場所の近くに挿入し、直接、
脂肪を吸引する。
 

汗腺
汗腺は全身の皮膚に分布している。大汗腺(アポクリン汗腺)と
小汗腺(エクリン腺)の2種類に分類される。汗腺は汗を分泌して
老廃物などを排泄すると同時に、体温を一定に保つ作用がある。
ただし、手や足のひらや、額、ワキの下などは、精神的な働きかけ
で発汗する。過剰な発汗はワキガや多汗症となるので、特定部位の
汗腺を破砕してコントロールする。
 

顔面神経
脳神経の一種。脳から直接でている神経である脳神経のうち、
7 番目の神経が顔面神経。あらゆる顔の表情を作る「表情筋」
と呼ばれる筋肉は、顔面神経という一本の神経によって調節されて
いる。また、副交感神経も顔面神経が司っている。
 

金の糸 き


美容整形 用語 (き)
局所麻酔金の糸

局所麻酔
手術を行う領域の神経の一局所だけに麻酔薬を注入して、
麻痺させる方法。意識は保たれる。美容外科の外来では局所麻酔が
一般的とされている。局所麻酔には主に、局所浸潤麻酔、伝達麻酔、
硬膜外麻酔、脊椎麻酔の4種類がある。
 

金の糸
古代エジプトのクレオパトラの墓で金の糸が見つかり、
クレオパトラの若さの秘訣とされている。金の糸の直径は0.1mm で、
24K の金を使用している。皮下の真下層に金の糸を挿入して、
金の糸のまわりにコラーゲンが集まることにより新しい毛細血管が
生まれ、肌細胞が再生することを利用して、たるみなどの肌の老化
を改善。
 

クールタッチレーザー く


美容整形 用語 (く)
クールタッチレーザー

クールタッチレーザー
レーザー照射と同時に冷却ガスを噴射して、皮膚表面に熱の
ダメージを与えることを防ぐように設計されたレーザー機器。
真皮に直接働きかけることで、新しいコラーゲンの産出を促し、
小じわや肌の質を改善することができる。
 

ケミカルピーリング け

美容整形 用語(け)
血管腫ケミカルーピーリングケロイド(ケロイド症)

血管腫
赤あざともいわれている。血管の良性の腫瘍である。拡張した血管
が増えることによって、血液がたまっているように見える。
構成している血管の種類によって、呼び方が異なる。主なものに、
毛細血管腫、苺状血管腫、静脈血管腫、単純性血管腫などがある。
 
 

ケミカルーピーリング
薬品を塗って、表皮の古い角質層を剥がすこと。毛穴のつまりが
解消されるため、ニキビ治療に有効である。薬品には弱酸性の
フルーツ酸などを使用する。酸が浸透することによって、新陳代謝
が活性化し、新たなコラーゲンの再生を促すので、肌の張りを取り
戻し、シミやシワの改善にも効果的である。
 

ケロイド
火傷、けが、手術など、皮膚が損傷を受けたあとに発生する。
やけどなどの傷が治りにくかったり、傷痕が化膿したり、傷に異物
が混入するなどして、赤くもりあがってしまった状態をさす。
蟹の足のように次第に広がって大きくなるので、「蟹足腫」とも
いわれている。
 

コラーゲン こ


美容整形 用語(こ)
厚生労働省硬膜外麻酔コラーゲン

厚生労働省
公衆衛生全般に責任を持っている行政機関。厚生労働省の内部部局
である医薬食品局は、医薬品・化粧品・医療機器などの有効性、
安全性の確保対策を行っている機関である。
 
硬膜外麻酔
脊髄の外側にある硬膜外に、腰から針を刺して麻酔薬を注入し、
神経を一時的に麻痺させる方法。全身麻酔のように意識がなくなる
ことはない。脂肪吸引や豊胸術に使用されることが多い。手術中に
血圧が下がるなどの危険性もあるとされる。
 
コラーゲン
たんぱく質の一種。本来は人間の体内にあるが、加齢とともに減少
することから皮膚の老化が始まる。皮下コラーゲンを注入すること
によって、シワの溝を埋め、目立たなくすることができる。
従来からのコラーゲン注入剤は牛の組織を製品化したものだが、
最近では、人の細胞を培養したコラーゲンも開発されている。

 

サーマクール さ


美容整形 用語(さ)
サーマクール

サーマクール
アメリカで開発された医療機器。高周波を照射し、皮膚表面には
影響を与えずに肌の深部に強い熱エネルギーを到達させることが
できる。この熱で皮膚を収縮させることから肌が引き締まる。
また、熱による炎症を治そうと、体内でコラーゲンの産生が促され
るので、しわやたるみが改善される。
 

シリコン し


美容整形 用語(し)
CETCMCバッグ色素性母斑色素沈着脂肪吸引
脂肪注入法
小陰唇シリコン

CET
高周波温熱トリートメントのこと。脂肪吸引後や豊胸術後の腫れや
むくみの残っている7〜10日間、次の段階へ移行するまでの間の
前段階としての高周波温熱によるマッサージを行う。血行をよくし
新陳代謝、基礎代謝を高める効果があり、美肌へのトリートメント
としても使用される。
 
CMCバッグ
CMCとはカルボキシメチルセルロースのこと。豊胸術のバック
挿入法に用いられる。食品にも含まれている天然物質なので、
安全性の高いバッグとされる。とても柔らかく、本物の乳房に近い
触感をつくることができるといわれている。
 
色素性母斑
黒いあざのこと。黒いほくろもこれにあたる。大きさはさまざまで
毛が生えてたり、表面がもりあがっているものもある。母斑細胞が
メラニン色素を作り出すことによって、黒色に見える。色素性母斑
は悪性化することもある。
 
色素沈着
強い紫外線を浴びることで、皮膚が刺激され、メラニン色素が過剰
に増えて、色素沈着がおきる。通常、メラニン色素は古い角質とな
ってはがれ落ちるが、新陳代謝が衰えると残ってしまう。
その残った状態がシミやそばかすとなって肌に現れる。
 
脂肪吸引
英語でリポサクションという。お腹、お尻、太もも、二の腕など
脂肪が過剰についているところの余分な皮下脂肪を取り除き、
体のラインを整える。カニューレという細い管を、脂肪吸引部位の
皮膚のしわに沿った目立たないところに孔をあけて挿入。脂肪を
吸引する。脂肪細胞そのものをとってしまうので、リバウンドは
ない。
 
脂肪注入法
太ももやおなかなど、気になる部分の脂肪を脂肪吸引で取り除き
その脂肪をバストや頬、こめかみなど、ボリュームを出したい部位
に注入する方法。自分の組織を用いるので、異物反応がおこらない
とされている。吸引した脂肪は注射器で注入するので、傷跡が
残らないといわれている。
 
小陰唇
女性器の一部で、陰核から膣口まで伸びる左右対称のヒダ状の薄い
肉びら。女性が性的に興奮していないときは、左右の小陰唇が閉じ
て尿道口や膣を守る。性的に興奮すると小陰唇の血流がよくなり
肉びらが膨張し、左右に大きく開く。通常はうっすらと見える程度
だが、大きくはみだしていたり、色が黒ずんでいたりするときには
手術で小さくすることができる。
 
シリコン
ケイ素のこと。地殻中に多量に存在する。隆鼻術や豊胸術に使用さ
れているプロテーゼの材料。豊胸術のバック挿入法の中身に使用さ
れる。バックが破れてシリコンが流れ出すとリウマチなどの副作用
があるといわれ、一時アメリカや日本で使用禁止になったが、
追跡調査の結果、因果関係が認められず現在でも使われている。
 

セルライト せ


美容整形 用語(せ)
生理食塩水切開法セルライト

生理食塩水
豊胸術に使われるバックの中身のひとつ。シリコンバックをワキの
下から大胸筋の下に挿入し、そのなかに人間の体液と同じ成分の
生理食塩水を注入。たとえバックが破損して流れ出したとしても
体に害のなく、安全な物質。
 

切開法
二重まぶたの手術法。脂肪がたまってむくんでいるようなまぶたや
皮膚のたるみが気になる人に向いている。二重まぶたのラインを
決めて切開し、余分な皮膚や脂肪、筋肉などを切除し、
調節しながら、傷跡が目立たないように縫合する。埋没法のように
やり直しはできない。
 

セルライト
女性特有の凹凸脂肪のことをさす。セルライトは血管から脂肪細胞
が離れて、肌表面近くに徐々にたまった脂肪細胞の老廃物が大きく
なったもの。いったんセルライトができると血行不良を招き、
脂肪がくっつきやすくなるので、悪化の一途をたどることに。
セルライトは自然になくなることはないとされる。
 

セクシー そ


美容整形 用語(そ)
創傷治癒

創傷治癒
傷ができたときに正しいケアをしないと、治癒は遅れるばかりか
醜い傷跡を残すことになってしまう。医療関係者の創傷治癒に
対する知識が不足しているために患者に不利益を与えてしまうので
最近は、創傷治癒の関する情報が公開され、傷に悩む人の無料相談
などを行っているクリニックもある。

 

多汗症 た


美容整形 用語(た)
大胸筋多汗症単一性植毛ダウンタイム

大胸筋
バストは乳腺組織、肋骨、大胸筋、小胸筋、脂肪組織などで、
形づくられている。大胸筋は腕を動かす筋肉で乳腺組織の下にある。
豊胸術では、豊胸用のバッグを大胸筋と肋骨の間に入れる
大胸筋下法と、大胸筋の上にある乳腺下に入れる乳腺下法がある。
 

多汗症
汗の分泌量が多い場合を多汗症という。ワキの下から汗がだらだら
流れる症状は、緊張しやすい人や太りやすい人に多くみられる。
多汗症は、顔や手足にもおこるとされる。多汗症の治療としては
ボトックスをわきの下などに注入して、筋肉を収縮させ汗腺を細く
する方法やワキの下などの汗腺を取り除く手術などが行われる。
 

単一性植毛
後頭部など、目立たない部分から自分の毛髪を採取し、髪の薄い
部分に移植する方法。毛根ごとの移植なので、何度でもくり返しは
えてくる。自分の毛を移植するので、拒絶反応もなく、安全性が
高く、定着率も高いといわれている。
 

ダウンタイム
施術してから回復するまでの期間のことをいう。美容整形の治療で
は、麻酔による腫れや手術に伴う腫れ、むくみ、アザなどが
できやすく、日常活動が制限されることがある。同程度の後遺症で
も、職業や本人の意識によって回復期間には違いがあるが、
手術前の生活を取り戻せるまでの時間のことをいう。
 

電気メス て


美容整形 用語(て)
適応、電気メス

適応
生物や物質の形態が、その環境に適合していること、または
そう判断できることをいう。美容外科においては、個々の患者が
その手術に適しているかを指し、たとえば「奥目には二重まぶたの
手術は適応しない」などと使う。手術法の選択、医師の考え方に
よって適応状態は違ってくる。
 

電気メス
器具の先端に電気を通すことで組織を切開する。切開と同時に
止血ができるメリットがある。ほくろを焼き切るときに使われる。
盛り上がったほくろはレーザーではなく、電気メスや簡単な手術で
切除したほうがよいとされている。
 

日本美容外科医師会 に


美容整形 用語(に)
乳腺、日本美容外科医師会

乳腺
授乳をするための器官のこと。乳房の皮下脂肪に包まれて、
存在している。バストの大きさや形は、この乳腺組織の発達の
度合いと皮下脂肪の量で決まってくるとされている。
 

日本美容外科医師会
多くが日本美容外科学会(JSAS)に所属する美容外科を目指す
医師の集まり。美容医学の推進と美容医療の質の向上を目的として
結成された会。

 

パッチテスト は


美容整形 用語(は)
ハイドロキノン、ハイドロジェルパック、パッチテスト

ハイドロキノン
強力にメラニンを白くする成分で、シミの合成を阻止し、できてし
まったシミを漂白する強力な作用をもつことから、肌の漂白剤とも
いわれる。医師の処方によって治療を目的に使われていたが、
01年から化粧品への配合が可能になった。
 

ハイドロジェルパック
ハイドロジェルはさまざまな医療の現場で使われている製品。
組織に適合性があり、吸収された後、体外に排泄される。美容外科
では豊胸術に用いられるバストアップのためのバッグの中身の
ひとつ。生理食塩水に高分子のポリマーを加えてジェル状に
したもの。バックが破損しても安全な物質とされている。
 

パッチテスト
接触アレルギーの有無を調べるための検査である。化粧品や様々な
物質が、かゆみや湿疹などの、皮膚の炎症の原因になっていないか
どうかを調べることができる。
 

トレイチノン と


美容整形 用語(と)
ドクターズコスメトレイチノン

ドクターズコスメ
皮膚科医や形成外科医、美容外科医などの肌の専門家が、治療経験
をもとに開発した化粧品でこと。ニキビ・シミ・シワ・アトピー性
皮膚炎の治療経験から研究・開発されたスキンケアを商品化。
最新の皮膚医学を用い、美肌成分、配合割合(レシピ)など
ひとつひとつにこだわりをもって作られている。
 

トレイチノン
ビタミンAの活性をもつ物質で、その生理活性はビタミンA
の約300倍といわれている。皮膚に潤いをもたせ、コラーゲンの
再生を促進させるので、傷の治りを早くする。肌に使用することに
よってホワイトニング化粧品では効果がなかったシミにも有効が
あるとされる。

 

プロテーゼ ふ


美容整形 用語(ふ)
フェイスリフトフォトフェイシャル二重手術プロテーゼ

フェイスリフト
顔の皮膚のたるみやシワを手術で取り除くこと。手術では、
傷が目立たないように、頭部の毛髪の中などを切開して、余分な
皮膚のたるみを筋膜ごと引き上げる。部分的に行うミニリフト
内視鏡によるリフト、レーザーによるリフトなど、さまざまな
方法がある。
 

フォトフェイシャル
表皮に残っている古い角質を削り落として、肌質を改善すること。
以前は皮膚の老化した角質などを物理的に擦りとるものが主流
だったが、最近はフルーツ酸などで溶かし、再生させる新しい
美顔技術が主流。ニキビあと、しみやしわが取れる。効果を期待し
て施術を受け、逆に皮膚のトラブルを起こしたという相談も数多い
ので、信頼できる美容外科医とよく相談して行おう。
 

二重手術
埋没法と切開法の2種類に分類される。埋没法はメスを使わないで
糸でとめて二重のラインをつくる方法。切開法は二重ラインを決め
てから、余分な皮膚や脂肪を切除する方法。二重手術を行っても
目頭のひだに埋もれているときれいな二重にならないので、
目頭切開法によってひだを取り除く。
 

プロテーゼ
鼻やあごなど、形成したい箇所に挿入される手術材料のこと。
人間の軟骨に近い素材である。人工心臓や人工関節の素材として
用いられているもの。変形や変質もなく、患者の希望にあわせて
加工したプロテーゼを挿入することで、鼻やあごなどラインを
形良くすることができる。
 


 

ヒアルロン酸 ひ


美容整形 用語(ひ)
ヒアルロン酸、ピーリング

ヒアルロン酸
注入用の吸収性人工物。保湿・保水能力をもつ。もともと人間の
体内に存在しているムコ多糖類という成分である。加齢とともに
減少する。ヒアルロン酸を注入することで、しわやたるみを改善
することができる。化粧品の保湿成分としても利用されている。
 

ピーリング
表皮に残っている古い角質を削り落として、肌質を改善すること。
以前は皮膚の老化した角質などを物理的に擦りとるものが
主流だったが、最近はフルーツ酸などで溶かし、再生させる
新しい美顔技術が主流。ニキビあと、しみやしわが取れる。
効果を期待して施術を受け、逆に皮膚のトラブルを起こしたと
いう相談も数多いので、信頼できる美容外科医とよく相談して
行おう。
 

失敗しない美容整形外科選びとは?☆  ★日本美容外科学会認定専門医である。  ★カウンセリングがしっかりしている事  ★インフォームドコンセントが行なわれている  ★プライバシーが守られている  ★担当医が頻繁に変わらない  ★診療日、診療時間通りに開院している  ★治療費が明確に説明されているか  ★個人差を理由に追加料等の請求がないか  ★治療に関係の無い物を売り込まないか  ★医師の実績や経歴が明示されているか  ★希望しない治療をすすめないか  ★保険や支払いの相談に対応しているか 

医療費支払いは、クレジット、信販、キャッシングで解消♪ ★美容整形は費用も高額だから、ローンを使い受ける人も多いです ★多くの病院がクレジットカードやローンを扱っています ★現金払いでなくとも美容整形は受けられます。 ★ローンを組むときは、無職や未成年でもあきらめないで下さい。

★正社員以外にも、パートやアルバイトの人も職場に在籍でOK! その際、職場にクレジットを組む事が知れたりしないから安心。

★人により、ローンの限度額は決まります。 今までにキャッシングで支払いが遅れたりしていなければ、 たいていは審査に通るとのこと。

★お支払方法のご案内 お支払い方法は 現金 、 医療クレジット 、頭金無し・秘密厳守 医療ローン から選べます。

★デビットカード加盟院もあり、現金でなくても、 キャッシュカードで治療費用のお支払が可能です。 ★医療クレジットの例★ ★取り扱いカード・・・JCB、VISA、MASTER、NICOS、DC DinersClub、American Express他、 医療ローン(メディカルクレジット)例、

★お支払方法 3〜60回までの分割(ボーナス併用可) または利息なしの一括払い(6ヶ月以内)

★プライバシー 治療内容をローン会社にお知らせすることはありませんので、 秘密が漏れる心配はありません。 ★手続き 身分証明証(免許証、健康保険証など) 預金通帳の印鑑、預金通帳の口座番号があれば、 お手続きは短時間で可能のようです。

★男の人はこんな女性にめろめろ?★
美容整形の映像!こんなに簡単に?


美容整形キーワード 美容整形 画像 芸能人 大塚美容外科 眼瞼下垂 整形失敗 豊胸 目頭切開 ボトックス 美容外科 クレーム 頬 福岡 フォトフェイシャル 仙台 2チャンネル ヒアルロン酸 保険 涙袋形成 埋没 脂肪注入 埋没法 品川美容外科 サーマクール ガミースマイル フェイスリフト 涙袋 美容整形外科 二重 脂肪吸引 名医 美容 レーザー治療 名古屋 脱毛 頬骨 クリニック エラ 目尻切開 東京 男 アプトス 目 植毛 池袋 札幌 バスト 広島 整形外科 芸能人御用達 埋没.. アイドル ホクロ 注射 ヒアルロン酸注入 慶友形成クリニック 韓国 陥没乳頭 プチ整形 IPL 写真 大塚美容形成外科 大阪 アパタイト クチコミ レーザーフェイシャル 二重プチ整形 フォトRF プラセンタ 神奈川クリニック 2チャンネル プラセンタ注射 鼻 カーボメッド 黒髪 整形手術 ワキガ 皮膚科 品川美容 愛知 眉毛 男性 中野坂上 費用 大塚美容整形外科 隆鼻術 症例 女優 蒙古襞 形成 失敗談 豊胸手術 ポラリス 病院 整形トラブル 大田母斑 品川 シミ SUB-Q 千葉 大宮 二重専門医選び 新宿 ヒアルロンサン 顔 レーザー 目元 まつ毛 博慈会 浜松市 トラブル 松山 杉並区 格安 蒙古襞とは 不正 支払方法 熊本市 額 渋谷 大塚美容 亀戸 訴訟 東京都 切らない ルビーレーザー エラ削り 一重 注入
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。